HOME > ご利用ガイド

ご利用ガイド

洗濯機の使い方

1 ドラム内の確認

まずドアを開けてドラム内に前の人の忘れ物や汚れがないか、よく確認してください。

写真

2 洗濯物を入れる

ドアノブを押しながら左に回し、ドアを開けます。
洗濯物を入れてドアを閉め、カチッと音がするまで右に回します。

写真

3 コースを選ぶ

ダイヤルノブを回し、洗濯コース「標準洗い」「ひどい汚れ(しっかり洗い)」「ソフト洗い」のどれかを選びます。

写真

4 お金を入れる

ディスプレイに表示されている枚数分のコインを入れるとスタートします。

写真

5 スタートボタンを押す

「洗濯物を取り出してください」とディスプレイに表示され、ブザーが鳴ると終了です。
洗濯物を乾燥機に移動しましょう。

写真

乾燥機の使い方

1 ドラム内の確認

まずドアを開けてドラム内に前の人の忘れ物や汚れがないか、よく確認してください。

写真

2 よく脱水した洗濯物を広げて入れる

乾燥機の目安ライン(ドラムの1/3程度)まで洗濯物を入れ、ドアを閉めます。1/3以上になった場合はより大きな乾燥機を選びましょう。
洗濯物を入れたら、しっかりとドアを閉めてください。

写真

3 コースを選んでボタンを押す

高温・中温・低温・室温のいずれかを選んでボタンを押してください。
※温度の目安
衣類の洗濯表示を守って温度を選択してください。

写真

4 ゆっくりとコインを入れる

急いでコインを入れるとコイン詰まりの原因になります。乾燥の目安は約30分~40分です。

写真

5 スタートボタンを押して乾燥スタート

乾燥途中にドアを開けても、ドアを閉めてからもう一度スタートボタンを押すと乾燥再開します。
乾燥終了後は忘れ物がないか、もう一度ドラム内を確認してください。

写真

全自動洗濯機の使い方

1 ドラム内の確認

ドラム内に洗濯物が残っていないか確認します。

写真

2 洗濯物を入れる

乾燥機の目安ライン(ドラムの1/3程度)まで洗濯物を入れ、ドアを閉めます。1/3以上になった場合はより大きな乾燥機を選びましょう。

写真

3 お金を入れてスタートボタンを押す

お好みの時間分の料金を投入してください。(約20分~40分で乾きます)

写真

写真

ご利用上の注意

機械の使い分け

洗濯物を傷めたり、機械の故障に繋がるので毛布・布団等の大物を小型洗濯機で洗うのは避けましょう。
種類・サイズ・量で機械を正しく使い分けましょう。

ポケット内の確認

洗濯物を傷めたり、機械の故障に繋がるのでポケットに何も入っていないことを確認してから洗濯機をご利用ください。金具の付いている洗濯物はネットに入れてください。

入れすぎない

しっかり洗濯・乾燥するためにも洗濯物の入れ過ぎには注意しましょう。機器の故障に繋がります。

化繊等は乾燥を短く

洗濯物を傷めないために、化繊等の熱に弱い生地は乾燥時間を短く設定しましょう。また、乾燥が終わったらすぐに取り出しましょう。

忘れ物がない様に

洗濯・乾燥が終わったら、すぐに洗濯物を取り出し、取り忘れがない様、ドラムをチェックしましょう。

洗濯物を長時間放置しないで

せっかく洗濯・乾燥しても長時間放置するとシワになってしまいます。また、次に利用するお客さまが利用できない状態になってしまいます。その際は他のお客さまが取り出すこともございます。

TOPへ戻る